ペットのための補助具|愛猫を肝臓病にかからせないために必要な事
犬

愛猫を肝臓病にかからせないために必要な事

ペットのための補助具

ペット

事故による怪我や神経系の病気によって後脚が不自由になった犬でも自力で歩くことができるように、専用の補助具が開発されています。それは犬用の車椅子と呼ばれるものです。本体となるフレームには腹部を支えるベルトと首を固定するベルトがついており、後脚の代わりとなる車輪の助けによって自由に移動ができるようになります。犬用の車椅子は、サイズ別に販売されています。専門の工房に依頼することでカスタマイズされた車椅子を作ってもらうことも可能です。カスタマイズしてもらえば体格に合わせて綿密に作ってもらうことができるため、体への負担が少なく楽に装着できるようになります。また、微調整にも対応してもらうことができるため途中で体格が変わってしまった場合でも安心です。

犬用の車椅子のフレームにはアルミパイプなどが使用されているため、軽量で動きやすくなっています。また、小型犬や大型犬など犬の体格に合わせて最適な大きさで設計されているのも特色です。腹部や首など車椅子に直接当たる部分にはスポンジなどの緩衝材が使用されているため皮膚を傷つける心配もありません。その他、それぞれの胴回りに合わせて微調整ができるようにベルトの長さについても伸縮可能となっています。腹部を支えるベルトにゆとりがあって着脱しやすくなっているため、重量のある大型犬でも楽に装着することができます。このように犬の体格に合わせて細やかな配慮がなされているのも特色の一つです。現在では、技術の進歩によってより軽く動きやすい車椅子の開発も進められています。