動物

愛猫を肝臓病にかからせないために必要な事

動物を供養するには

お墓

ペット葬儀は業者の提携の寺院で行う場合もあります。そこで移動火葬車で火葬することもできます。お骨は納骨堂やペット霊園などに納めたり散骨することもあります。自宅で供養する場合は仏壇や位牌などのサービスもあります。

もっと読む

ペットのための補助具

ペット

後脚が不自由になった犬でも自由に動くことができるように専用の車椅子が開発されています。サイズ別に販売されていますが、専門の工房に依頼することでカスタマイズしてもらうことも可能です。犬用の車椅子は軽量で体に負担がかからないように作られています。体格に合わせて細やかな配慮がなされているのが特色です。

もっと読む

機能を回復することも可能

動物病院

治療をおこなうのが第一

猫は我慢強い動物だと言われていて、飼い主でも怪我や病気になかなか気づかないということが少なくありません。さらに猫の肝臓病の場合には肝臓自体も我慢強いと言われている臓器のため、気づいた時には症状が悪化してしまっていることも多いです。肝臓病になると体重の減少や食欲の低下、黄疸によって目の色が変わってしまうなどの症状が現れることがありますが、この状態はすでに症状が進行してしまっていると考えても良いでしょう。猫の肝臓病の初期は症状がほとんど見られないことも多いので、少しでも調子がおかしいと感じた時にはすぐに病院に行き、治療を受けることが大切になってきます。肝臓病になるともうだめかもしれないと思うかもしれませんが肝臓は再生が可能な臓器なので、きちんと治療をおこなえば機能を戻せる可能性もあります。

フードをチェック

肝臓病になった猫の治療として家庭でできるのは、毎日食べているフードを変更することです。ホームセンターなどで販売されている安いフードはコーンなどの炭水化物が大量に配合されているので安いのですが、猫に必要なのは肉や魚などのたんぱく質がたっぷりと含まれているフードです。フードの費用は高くなってしまいますが、肝臓の負担を減らす大きな効果が期待できます。また、炭水化物の中でも消化の良いものであれば身体の中でエネルギーとしてすぐに利用され肝臓の修復に役立ちますので、適度な炭水化物も必要になります。どんなフードが良いのかわからないという場合には、自己判断ではなくかかりつけの獣医師に相談し、猫の様子も注意深く見守って行くことが重要です。

愛玩犬と言えば

犬

パピヨンは人間によくなつき、昔から多くの人に愛されてきました。耳の飾り毛がチャームポイントですが。こまめに手入れしてあげなければいけません。毛が目に入らないように気をつけましょう。また、カットやブラッシングなどは、プロに任せるのが無難です。

もっと読む